リサーチソリューションリサーチソリューション

GSニュース 主婦消費者モニター・調査レポート

■30年以上の歴史を持つ、消費者アンケート情報誌

1964年に「グリーンスタンプ会ニュース」として第1号を発行しました。発行当初はグリーンスタンプに加盟していただいているお得意様の利益につながる情報・ヒントを盛り込んでお届けするという趣旨で編集された、いわばアフターサービスの一環ともいえるものでした。
消費者アンケート情報誌としての歴史は、1984年に始まりました。

■編集方針

消費者の購買行動に関する「なぜ?」に近づき、お得意様のお店づくりに活かせるようにという方針で編集を行っています。
特に、“少子高齢化”“女性の就業率アップ”という大きな変化、年齢や職業、家族構成、嗜好などがどのように購買行動を変えていくかを知ることを主眼においています。

GSニュース 第471号「私がひいきにするお店」より

GSニュース 第471号「私がひいきにするお店」より

■バックナンバー 抜粋

509家族のカタチと食のカタチ
508私が思う地域密着スーパーとは!
507家庭での季節行事・イベントの実態!
506ドラッグストアでの購買の実態!
505新しい料理や食材に挑戦するのはどんな時?
504曜日・時間帯別で見た買い物行動~専業主婦・有職者でも差が出ました~
503パンが好き!でも悩みがたくさん… ~パンから見えた購入基準の葛藤~
502食事で健康を手に入れたい!~普段の食卓から見える消費者の工夫~
501来店回数に変化をもたらす出来事~満足度をあげた出来事、さげた出来事~
500本当のお店のFANとは?~よく行く店・好きな店・おすすめの店~
499お酒とおつまみに関するアンケート
498お弁当は手作り派?購入派?
497米から見える食生活の変化
496冬の催事の消費者意識~年末年始・節分・バレンタイン~
495FAN作りのためのお惣菜アンケート特集号
494ポイント企画への「お客様の意識」アンケート
493お店の「販促情報」伝わっていますか?
492買い回り徹底研究-買い回り先(時々行く店)編
491買い回り徹底研究-普段よく行く店編
490主婦の悩み!?「日々の献立」に関するアンケート

GSニュース 第509号
「家族のカタチと食のカタチ」より

■調査の目的

調査の目的

最近、大手SMが購買力や時間があるシニア層を狙った取り組みを強化しています。
そんな中、親と別々に暮らしている方の話で、「週末は親と一緒にご飯を食べ、頼んで買ってもらっていた食品や雑貨を持って帰っているよ」という話題になり、他も聞いてみたところ、同じような行動をしている方が数名いました。
このように家計調査報告書やカードデータでは把握しにくい、「家族のカタチ」と「食のカタチ」について調査してみました。

■まとめ

まとめ

家族全員同居して暮らしている方が約4割、別々に暮らしている家族がいる方は約6割ということが分かりました。別々に暮らしている家族がいると答えた方のうち、約6割は車で1時間以内に住んでいました。“別々に暮らしているけど車で1時間以内の場所に親や子供がいる”という方が全体の約3割を占めていました。

まとめ

そのうち6割の方が一緒に住んでいない家族の分の買い物もしていることが分かりました。

別々に暮らしている家族と会うきっかけで多かったのは「様子を見るため」でしたが、「一緒に食事をするため」「一緒に買い物に行くため」など食に関わることが家族が集まるきっかけにもなっているようです。

まとめ