GSマーケティング情報

全体公開

【全内容ご覧いただけます】GSニュース519号 口コミやおすすめの心理~話題になるスーパーって?~

他人の評価が購買に及ぼす影響

この商品がよかった!」「このサービスがおもしろい!」などとSNSで拡散され話題になる、いわゆる"バズる"という状態は、時に企業側が広告宣伝するよりも大きな購買効果を生み出します。

 

他者の口コミや評価に影響を受けやすい昨今の購買行動を考えるべく、今号は口コミやおすすめに関するお客様の心理をテーマにしました。

他人の評価が購買に及ぼす影響

口コミやレビューは購買に結びつくのか?

商品の購入を検討する際、事前に知っておきたい情報として一番多かったのは、「価格・相場」、続いて69%の方が「購入した人の口コミやレビュー」と回答しました。

「口コミやレビュー」は「5割~7割程度」も購買の参考にされており、消費者の購買行動に影響を及ぼしていることがうかがえます。

 

評判の良さや他者からのおすすめがきっかけで、新たに商品を購入したことがある方は42%いました。

中でも食料品やお菓子などは、6割以上の方が購入した経験があるそうです。

POPなどの販促物に、「お客様から人気」や「話題の商品」などの文言があると、お客様の「自分も試してみよう」という気持ちを刺激することが出来るかもしれません。

口コミやレビューは購買に結びつくのか?

話題になるスーパー

普段よく行くスーパーのことを話題にしたことがある方は51%いました。

スーパーに関する話は家庭内の会話に留まらず、「友人・知人・職場の方との間」でも積極的に情報交換が行われているようです。

 

企業側の告知の徹底は継続していかなければなりませんが、お客様が思わず人に話したくなる「拡散力」を上手く活用できると、新たな集客に繋がるかもしれません。

 

消費者の心理を掴み、来店されたお客様が「このスーパーはとってもよかった!」と、誰かに拡散したくなるようなお店作りを考えるきっかけになれば幸いです。

話題になるスーパー

Contact

お問い合わせ

03-3214-5211営業時間:平⽇10:00〜18:00