事例紹介

全体公開

【競合対策で見るべき3つのポイント】店舗サポートスタッフ ワンポイントアドバイス

お客様の観察

今回は、店舗サポートスタッフが競合対策においてポイントにしている3つの「みる」についてご紹介します。

 

ポイント1:お客様を「観る」

 

・お客様が感じているであろう問題点

・お客様の生活の変化

・お客様が何を購入されているのか(何が求められているのか)

を注意深く観る必要があります。

 

お客様の行動には必ずヒントがあります。

競合店対策でなくとも、常に自店のお客様を理解しようと試み、慎重に対応していかなければなりません。

お客様の観察

競合店の視察

ポイント2:競合店を「視る」

 

お客様のご要望に対応して、

・競合店の売り方

・競合店の提案

がどのように変化しているのかを視る必要があります。

 

自店が競合店に勝っているところを把握することで、改めて自分の店舗の「売り」を見つけ出すことが出来ます。

そして、自店にはない競合店の良いところを視ることで、自分の店舗においての取り入れ方を考えることも出来ます。

自店を診察

ポイント3:自店を「診る」

 

・お客様の変化

・競合店における売り場や対応の変化

この2点を踏まえ、自分の店舗を診る必要があります。

 

「お客様を観ない、競合店を視ない、自店を診ない」では、競争の現場から離れることになり、問題は解決されないまま放置されます。

 

常に変化するお客様の生活とともに、人々の生活に密接するスーパーも変化を止めてはいけません。

季節や流行などに応じた変化やメリハリのある売り場には活気があふれ、きっとご来店されるお客様にワクワクをご提供することが出来るのです。

 

※GS店舗サポートスタッフは大手SMで店長・バイヤー・SVなどを歴任した経験豊富なメンバーがそろっています。お店に入り込み、現場の従業員の方と一緒になってお取り組みしています。ご興味のある方はぜひグリーンスタンプにご相談ください。

自店を診察

Contact

お問い合わせ

03-3214-5211営業時間:平⽇10:00〜18:00